読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石鯛釣りはじめました。

海釣り初心者がいきなり石鯛釣りをはじめました。

シマノ スピードマスター石鯛 3000T レビュー

タックル 石鯛関連

先日行った神津島のちょっと前に実は買ってしまったのです…

 

シマノ リール スピードマスター 石鯛 3000Tを!

 

カウンター付きのリールが気になるな〜って思って、シマノとダイワのカタログをマジマジと見ていたら、ドンドン物欲が膨らんで、楽天のポイントも貯まってたのでついポチッと^^;

 

f:id:tomotan777:20161004140850j:image

(すでに現場でチョット傷がついちゃいましたが…^^;)

 

先日の神津島で初のカウンター付きリールをウキウキで使ってみました(o^^o)

f:id:tomotan777:20161004140937j:image

ロッドは以前に紹介したリアルパワー石鯛MH500

 

私の大好きなメーカーのシマノ×シマノの組合せ(o^^o)

これだけでチョットウキウキするっす(*・ε・*)

 

f:id:tomotan777:20161004141405j:image

左上のレバーがクラッチレバーでこのレバーを倒すと、スプールがフリー状態(キャストできる状態)になります。

 

アンバサダー10000CLと違って、キャスト後、ハンドルを回してもレバーは戻らないので、手動でレバーを戻さないとラインは巻けません。

 

f:id:tomotan777:20161004143526j:image

真ん中に付いてる小さなツマミはキャストコントロールキャップというメカニカルブレーキの調整ツマミです。

 

ようは両軸リール(ベイトリール)はキャスト時に、スプールに巻かれたラインを親指の腹で抑えてラインの放出量を調整(サミング)するのですが、その放出量を機械的にブレーキをかける調整ができるということです。

 

締め過ぎるとバックラッシュしずらくなりますが遠くへ飛ばなくなり、緩めすぎると飛びますが、バックラッシュしやすくなります。

丁度良いレベルを最初は探します。

 

f:id:tomotan777:20161004143444j:image

 グリップ部はラバー製で握りやすいです。

シマノオプションの夢屋や社外製でハンドルやハンドルノブが出ていますが、私にはこれで十分です(o^^o)

 

f:id:tomotan777:20161004150047j:image

反対側にはスイッチが2つ

左側はクリック音のON/OFF

うるさいので私は常にOFF(*・ε・*)

 

右側はスプールのLOCK/FREE

LOCKするとラインの吐き出しを完全にロックします。

根掛かり時にギアを傷めずにラインを切れる機構ですが、石鯛釣りでは根掛かり時はラインカッターを使うので、使う機会は無いかな〜^^;

 

f:id:tomotan777:20161004151341j:image

そしてコレが念願のデジタルカウンター!

 

岩礁などの目標物があれば同じポイントに投げれますが、無い場合、同じポイントに打返す場合にはやっぱりカウンター付きは便利です。

 先日の神津島でも重宝しました^^

 

f:id:tomotan777:20161004152306j:image

裏側をどうぞ(*・ε・*)

f:id:tomotan777:20161004152322j:image

 

シマノの海魂(KAIKON)3000Tも検討しましたが、見た目がゴールドよりシルバーが好きなので、私にはほぼ一択でした^^;

 

総じて、機能は問題なし、見た目カッコいいので大変お気に入りですが、チョット傷付きやすいのかな〜って思います。

まぁ色々な磯での思い出を刻んでると思うようにして大事に使っていきたいですo(´∀`)o

 

 

f:id:tomotan777:20161004152557j:image

今回巻いたラインは

◼︎FUJINO 石鯛ゴールド 600m 16号

150m巻いても4回分の大容量で3000円程度!!

使った感想も全く問題なく、見やすいカラーでオススメです。(´∀`)